パリあれこれCafe探訪 #06

「La Cafeotheque」 ラ カフェオテック

2011年3月にオープンしてパリ人気トップの味とされる「クチューム・カフェ」のトム・クラーク氏がパリ留学時に美味しいカフェはここのカフェだけだったという店。2005年にオープンした「ラ・カフェオテック・カフェ・ソルナ」。マレ地区から少し足を伸ばしたサン・ジェルヴェ教会(Eglise St-Gervais)の側、セーヌ川沿いにある。オーナーはグアテマラ出身のグロリアさん。週に何日かだけお店に立つ。
 入口はコーヒー豆の販売カウンターに小さなカウンター席、そしてテーブル席の側には焙煎機が備えられ、香ばしい香りを放つ。奥にはローテーブルにソファやイスがざっくりと配置された心地良いフロアがある。隠れ家みたいな雰囲気で不思議なリラックスムードが溢れる部屋もある。エスプレッソのいい香りが店内に漂う。カウンターの奥で黒いタブリエをしたスタッフはエスプレッソマシンに向かい、丁寧にカップに注ぐ。1杯につき、7〜10gの豆を使い、25秒間で抽出し、25ml。淹れ上がりの見極めは、表面の泡がビロードのようにきめ細かく、泡の厚みは1.2mmであることなどのきまり。
 夜のカフェ講座は「カフェの歴史・文化」、「バリスタ入門」、「ラテアート」のテーマに分かれており、アマチュアからプロまで本格的な講座が用意されている。

52 rue de l’Hôtel de Ville 75004 Paris
営業時間 : 9 :30〜19 :30
定休日 : 無休
メトロ :1番線 St-Paul ・7番線 Pont-Marie
http://www.lacafeotheque.com

前の記事

「Ten belles」テン ベル

「Cafe Kitsune Paris」カフェ キツネ

「Cafe Lomi」カフェ・ロミ