パリあれこれCafe探訪 #05

「Ten belles」 テン ベル

パリで最近流行りつつあるのは、コーヒーの焙煎からこだわるカフェである。
その中で※サンマルタン運河に近いテン・ベルは、ごくごく小さなふつうの家が通りに扉を開け放したような親しみやすい店がまえ。コーヒーは、高級食材店やレストランに卸しているロースター「ブリュルリ・ドゥ・ベルヴィル(Brûlerie de Belleville)」から仕入れたもの。1袋300gで豆を購入できる。
メニューは日替わりで、スイーツだとレモンケーキ(カボチャの種のアイシング添え)、バナナブレッド、スコーンなど。すべて自家製、濃密ながら重すぎない味で、シンプルなおいしさ。昼時にはスープとランチ。日替わりスープは、パルメザンチーズとクミン風味のカリフラワースープ、そしてランチはアメリカ風サラダ。通り側に椅子を出し、店内の中2階にはテーブル席もあり。
エスプレッソは2.5ユーロ、ドリップコーヒーは3ユーロ。そのほか、カプチーノ4ユーロ、ケーキ・マフィン類は4.5ユーロ

10 rue de la Grange aux Belles, 75010 Paris
http://www.tenbelles.com/
メトロGoncourt  

【サンマルタン運河】

バスティーユの南、セーヌ川から19区のラヴィレットへとパリ市内を抜ける。散歩道で水辺は優しい風景。
この運河を多くの船が通過していく。運河の上を道も通過しているが、このいくつかある橋は、船の通過のたびに道が移動して水路を開ける。遊歩道は船の邪魔にならないように弧を描いている。水門を設けて上下の高低差を埋める。水門の間にプールのような部分を設け、低い方から船が来れば水をためて高い部分と水位をあわせる。パナマ運河と同じ方式。 

前の記事

「Cafe Kitsune Paris」カフェ キツネ

「Cafe Lomi」カフェ・ロミ

「Cafe Coutume」カフェ クチューム