パリあれこれCafe探訪 #01

若者を中心にカフェオレやエスプレッソ一辺倒のコーヒー文化から、新興する新しい流れがここ数年にある。もちろん伝統的なキャフスタイルは健在だが、安価なロブスタ種の豆の深煎り、業者からの豆は大量焙煎で鮮度を疑問視、抽出にはエスプレッソのみで選択肢なしの現状は変わらない現状があるようだ。
そこに最近新風のパリ。店舗の外観は街並みに考慮するものの、内観はシンプルでモダン。共通点はロースターカフェの自家焙煎、アングロサクソンの英国・アメリカ風のスイーツを扱い、ファショナブル。どの店も若者を中心ににぎわっている。

Address: 19 rue du Pont aux Choux, 75003
Hours: Open every day
Telephone: 06 26 41 10 66
Style of cuisine: Cakes & cookies
https://www.facebook.com/bootcafe

「Boot Cafe」ブーツ カフェ

バスチュール広場から北に1キロ。
昔、靴屋であった外観はそのままに活かした小さなカフェが人気である。オーストラリア出身のバリスタ。朝の開店時、音楽に合わせてノリノリでエスプレッソマシーンを操りテイクアウトのラテを出してくれた。朝食代わりのデザートはフランスには珍しい、アメリカ西海岸風なバナナ・ブレッドのケーキ。